武蔵野銀行の人気商品

武蔵野銀行で退職金運用

定期預金を運用する際は、当然預金額が多いほうが利息がたくさんつきます。そのためボーナスや退職金といった、一時的にたくさん入ってくる収入を定期預金に充てる人が少なくありません。とくに退職金は業種などによって多少の差はあるものの、大卒だと平均額が約2300万円とかなりの大金です。退職一時金制度と退職年金制度を併用するとこうした大きな額を受け取ることができるため、より利回りのいい商品で運用してお得に使いたいものです。

武蔵野銀行の退職金運用商品の特徴は、退職金を受け取る前から退職金運用プランを利用することができ、退職金をすでに受け取っている場合でも退職金運用開始プランを利用できるという点です。そのため退職金の受取や運用のタイミングを気にせずに運用プランをじっくり決めることができます。運用方法に関しても、慎重派と積極派どちらにも適応したプランを用意してあります。

しかし退職金を積極的に運用しようとすると積極運用コースの利用になりますが、その場合は円定期預金と外貨定期預金または投資信託の同時運用ということになります。そうなるとリスクと手数料も高くなってしまうため、退職金以外にまとまった預金がないと万一のリスクを回収することができなくなってしまいます。退職金を退職後の生活費に充てたいと考えているなら、定期預金で運用してリスクを負うことなく保管しておいたほうが無難かもしれません。

とはいえ退職金専用プランは通常よりも高金利で運用できることがメリットの一つですが、その高金利期間は当初3ヶ月のみとなります。そのため円定期預金のみの運用をおこなう場合は、3ヶ月が過ぎたら別の高金利商品に振り替えることを検討してもいいかもしれません。為替差益などによる利益で少しでも預金額を増やしたい場合は、証券会社のノーロード商品などコストの低い商品に投資するという手段があります。