武蔵野銀行の人気商品

武蔵野銀行で投資信託

今現在、預金をより積極的に運用する方法として投資信託が人気を集めています。投資信託とは(https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/faq/)、投資家から少しずつ資金を集めて一つにまとめ、専門家が株式や債券に投資して運用するという商品です。運用によって得た利益は投資家それぞれの投資額に応じて分配されることになっており、より多く投資すると分配金も多くなるという仕組みです。

投資信託が人気を集める理由は、自分で投資をおこなうことなく専門家に実際の運用を任せることができるため、失敗のリスクが低いからです。とはいえ投資するファンドは自分で選ぶことになるため、失敗と成功の一因は自分自身が担うことになりますが、分散投資するなど投資手法を工夫することによってリスクを下げることが可能です。さらに証券会社のような投資を専門とする会社では、手数料のかからないノーロードファンドなどがあり、コストを下げることによって効率よく利益を得ることが可能です。

しかし武蔵野銀行のような地方銀行の投資信託商品だと、どうしても取扱いファンドの数が少なく、銘柄の種類も偏ってしまう傾向にあります。さらに基本的にノーロードファンドがなく、取引にかかる手数料も高めなので運用にはことさら慎重になる必要があります。もっともNISAを利用すれば一定額分が非課税になりますし、武蔵野銀行の場合はインターネット投資信託だと手数料が安くなります。

投資信託サービスにおける武蔵野銀行の特徴は、他の商品との連携が多いということです。たとえば退職金専用の定期預金プランは、定期預金と投資信託の併用が可能です。定期預金との併用なら一気に投資信託につぎこむことがなく、ある程度リスクを下げられるというわけです。武蔵野銀行のような地方銀行なら、営業店でサービス内容について相談することもできるというメリットがあります。