りそな銀行活用講座

ATM

昨今の多くの銀行がそうであるように、りそな銀行もまたコンビニATMなどと提携しています。そのため提携ATMなどを利用することによって割と好きな時間にATMで取引を行うことができます。もっともりそな銀行そのものの営業時間が限られているので、営業時間外にATMで取引したとしても、実際に取引内容が反映されるのは営業時間になってからですが。

りそな銀行が提携しているATMはセブン銀行ATM、ローソンATM、イーネット、JR東日本、バンクタイムの五つです。さらに同じりそなホールディングス傘下である埼玉りそな銀行のATMも利用することができます。ゆうちょ銀行と近畿大阪銀行のATMも利用できます。このように都市銀行ならではのパイプを利用した提携ATMの多さで、ATMの数を多くしているのです。

しかしATMによっては利用できないサービスがある場合もあるので、注意が必要です。たとえばバンクタイムのATMだと振込と通帳記入ができません。通等記入ができるのはりそな銀行および埼玉りそな銀行のATMと近畿大阪銀行のだけです。JR東日本のATMでは預入と振込もできず、ゆうちょ銀行でも振込ができません。

そのためATMの利用の方法としては、基本的に店舗数の多いコンビニで取引を行い、数回に一回はりそな銀行など通帳記入のできるATMを利用するという方法が効率がいいです。コンビニは数が多いうえに場所によってはATMが空いていることが多いので、銀行のATMのように混雑することがないというメリットもあります。