長野銀行の特徴と選ばれる理由

長野銀行の定期預金

長野銀行では円で預ける円定期預金と、外貨で預ける外貨定期預金の2種類の定期預金を取扱っています。円定期預金と外貨定期預金では資産運用効果が異なるため、長野銀行では必要に応じて使い分けるのが人気です。金融機関によっては円定期預金と外貨定期預金または投資信託を一緒に口座開設するセットパックを提供しており、より効率良く資産運用することができます。

円定期預金は預け入れの際に満期日を設定する預金商品です。預入期間中の払い戻しができなくなる代わり、適用金利が高く設定されているため、預金を利息で増やすために利用されることが多いです。実際にスーパー定期などは複利計算なので単利よりも利息が増えやすく、長く預けるほどお得です。しかし預入期間中に払い戻そうとすると中途解約するしかなく、その場合は適用金利が普通預金レベルにまで引き下げられてしまいます。

外貨定期預金は満期日を設定するところまでは円定期預金と同じですが、円を外貨に交換して預け、払い戻し時に再び円に戻すという手順を踏みます。通貨は為替相場によって通貨換算時の金額が異なるため、為替相場の異なる通貨を交換すると差額で元金が増えることがあります。これを為替差益と呼びます。通貨によっては利息だけでも充分な利益となりますが、長野銀行が取扱う通貨は低金利傾向にあるため、為替相場の傾向を確認して為替差益の出そうなときに利用するのがオススメです。

長野銀行のような第二地方銀行は営業地域内に住んでいないと取引できませんが、取引するのに条件がなく店頭表示金利の高い金融機関も多いため、定期預金だけネットバンクや大手銀行を利用する人もいます。ネットバンキングを使えば本店や支店から離れていて窓口に行けない場合でも口座開設できます。あるいはメガバンクのような全国的に支店を展開している金融機関なら、長野県内にいながら窓口での取引がおこなえます。