長野銀行の特徴と選ばれる理由

長野銀行の住宅ローン

住宅ローンは多くの金融機関が取扱う代表的なローンですが、長野銀行のような第二地方銀行は利用者が避ける場合が少なくありません。住宅ローンの借入金額は年収より高くなることがほとんどですが、第二地方銀行のような小規模な金融機関は最大借入金額が少ない傾向にあるためです。住宅取得資金とそれ以外の諸費用を一緒に借りる人が多いため、借入金額の上限が多い都市銀行や大手地方銀行に人気が集中してしまいます。

しかし長野銀行の住宅ローンは貸出金利や手数料が優れています。住宅ローンは店頭表示金利が低いほど返済時の利息を減らすことができますが、長野銀行は金利引き下げ幅が広いため低金利で借りられる場合が多いのです。固定金利と変動金利どちらでも金利引き下げを受けることができるので、金利タイプ選びに迷う心配もありません。ただし指定の条件を満たさないと金利引き下げを受けられないので、事前に条件をチェックしておく必要があります。

一部繰上返済手数料も無料にできるので、繰上返済の予定がある人ほど安く返済することができます。繰上返済すると返済期間を短縮することができるので、返済期間が延びるほど嵩んでしまう利息を節約することができます。しかし急いで返済することで預金を減らしてしまうと、直後に予想外の出費が必要になったときに対応することができません。さらに完済することで宅ローン控除(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm)が受けられなくなってしまいます。

このように低金利かつ低コストな長野銀行の住宅ローンですが、そもそも審査に通らないと融資を受けることができません。条件を満たせば仮審査を申込むことができますが、利用者の信用情報によっては審査に落ちてしまったり、収入に見合わないと見なされると希望の借入金額を借りることができません。申込みの前に利用中のローンを清算したり、収入に見合った借入金額かどうか再確認して審査に備えましょう。