長野銀行の特徴と選ばれる理由

長野銀行の介護ローン

少子高齢化社会(http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa200601/001/001/0202.htm)と呼ばれ介護が必要な高齢者がどんどん増えている現在、需要が高まっているのが介護費用の資金調達に利用できる介護ローンです。定期的に通院する程度ならともかく、デイサービスなどの利用が必要な場合や、在宅介護の場合は月々数万円以上の出費が珍しくないので、預金を充てるには限界があります。保険適用外のサービスが必要な場合も多く、いつまでその状態が続くのかも分からないため、介護ローンを契約する人が多いのです。

長野銀行の介護ローンは最大500万円まで借りることができるため、数年分の介護費用を借り入れることができます。住宅ローンなど他のローンに比べると申込み条件も緩めで、60歳以上の同居者がいれば介護の有無に関わらず利用できるという利点もあります。介護ローンは介護者と被介護者の年齢が高くなり、介護が必要になってから利用する人が多いのですが、それだと審査落ちの可能性が上がってしまい、返済期間中に介護者が退職してしまうリスクすら生じます。早めに借りられる長野銀行の介護ローンで介護資金だけ先に調達しておけば、何かあっても安心です。

しかし借入金額が50万円からと比較的多いため、少しだけ借りたいという場合には不向きです。50万円以下の金額が必要な場合はカードローンやフリーローンを利用しましょう。とくにカードローンは借入限度額以内なら何度でも借りることができ、限度額一杯まで借りる必要もないため、必要な金額と期間を正確に割り出すことが困難な介護費用の工面にはもってこいです。ただし適用金利は介護ローンより高いので利息は増えてしまいます。

地域によっては介護状態に認定されると保障を受けることができます。たとえばお住まいの市町村から要介護の認定を受けると、介護サービスの自己負担金額を大幅に減らすことができるのです。介護休業制度(http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/tp0701-1.html)を利用すれば、家族が介護のために休業してしまっても給付金を受け取ることができます。これらの制度を利用することでローンの必要がなくなる場合もあります。