もみじ銀行の預金運用術

もみじ銀行で資産運用

預金を中心とする資産を、貯蓄や投資などの金融商品を使って増やすことを資産運用と呼びます。資産運用できる金融商品は複数あり、円定期預金や外貨預金、投資信託、債券などが代表的です。もみじ銀行でもこれらの金融商品を取扱っており、様々な方法で資産運用をおこなうことができます。ただし金融商品によっては元本保証でないものや手数料がかかるものがあるので、利用する前に運用リスクなどをよくチェックしておく必要があります。

もみじ銀行で投資信託するにあたってオススメの金融商品は投資信託です。もみじ銀行の取扱いファンドから好きなものを選んで購入すれば、プロが運用をおこなってくれるというもので、利益が出るとファンドの購入金額に応じて分配されます。簡単に利益を得ることができますが、預金商品と違って元本保証ではないため、運用が上手くいかないとファンドの購入金額の分だけ損をしてしまいます。

世界的に人民元(http://www1.ttcn.ne.jp/kozzy/china/rmb001.htm)の存在感が増していることもあって、外貨預金の人気も上昇しています。外貨預金とは円を外貨に交換して預ける預金商品で、通貨同士の為替相場の違いによって為替差益を得ることができます。従来は米ドルやユーロの人気が高かったのですが、最近は人民元に注目が集まっているため、もみじ銀行でも人民元での預入を取扱っています。しかし利用の際に為替手数料がかかるため、為替手数料優遇措置が取られている金融機関で外貨預金の取引をおこなう人も多いです。

投資信託や外貨預金は元本割れの可能性があるため、余裕資金の少ない若者の利用者が少ない傾向にあります。利用の多い高齢者も資金の一部しかつぎ込まない人が多く、損失が出たときに備えて預金口座に資金を蓄えておくことが重要です。自信がない場合は、元本割れしない円定期預金で資産運用しましょう。スーパー定期や金利優遇措置のある円定期預金なら、少なくとも普通預金よりは高い資産運用効果があります。