もみじ銀行の預金運用術

もみじ銀行のフリーローン

貯蓄が充分でないときはローン商品の利用も選択肢に入れておくと便利です。ローン商品は一度に借り入れた多額の資金を、数年かけて少しずつ返済していくというものです。多額の資金を貯蓄から捻出すると蓄えを一気に失ってしまうため、直後に予想外の出費が必要になったとき、やりくりが大変になるというリスクがあります。しかしローン商品を利用することで、貯蓄を大きく失うことなく多額の資金を手に入れることができます。

通常のローン商品の多くは住宅ローンやマイカーローンのように借りた資金の使途が限られていますが、フリーローンは事業性資金などを除いて資金使途が自由という特徴があります。そのため各種専用ローンに当てはまらない資金使途に使うことができます。もみじ銀行ではブライダルローンや介護ローンを取扱っていないため、フリーローンで代用するとよいでしょう。フリーローンと同じ使途自由のローンにはカードローンもあり、より少額の借り入れに対応することができます。

もみじ銀行のフリーローンは利用条件が緩い傾向にあり、専業主婦や年金受給者でも利用できるというメリットがあります。年収が少ないと貸し倒れのリスクが上がるため、配偶者の年収に頼らざるを得ない専業主婦や、年金収入で返済をおこなう年金受給者は利用対象から外れることが多いのです。ただしもみじ銀行のフリーローンは専業主婦や年金受給者だと借入金額が少なくなってしまうことが多いです。

また利用条件を満たしていても、審査に落ちてしまう可能性があります。ローンの申し込みの際は借入金額や返済期間を決めた上で、年齢や年収などを基準に審査を受けます。利用条件を満たしていても、借入金額が多すぎたり、年収が不安定だと審査に落ちやすくなるのです。また過去に返済延滞などの経歴があるのもマイナス要素になります。