もみじ銀行の預金運用術

もみじ銀行のカード

もみじ銀行の金融商品を便利に利用するには、もみじ銀行が発行する様々なカードを使い分けるとよいでしょう。もみじ銀行ではキャッシュカードとデビットカード、ワイエムカードの3種類のカードを利用することができます。口座開設にあたって発行されるキャッシュカードは、ATMで各種取引をおこなうのに必要で、ATM利用手数料を安くする効果もあります。そのため普段から持ち歩いている人が多いです。しかし最近はインターネットバンキングで取引する人も増えています。

もみじ銀行で一押しのカードはワイエムカード(http://www.momiji-card.co.jp/)です。キャッシュカードとクレジットカードの機能がついた一体型カードで、金融商品の取引だけでなく買い物にも利用できるというメリットがあります。クレジットカードを利用することでポイントが貯まり、様々な特典を得られるのも便利です。しかし利用には年会費がかかるため、利用頻度が少ないとコストだけがかかるというデメリットがあります。ただしワイエムカードには利用対象を若者に限定した種類もあり、その場合は年会費が数年無料になります。

金融機関によっては自前のポイントサービスと連動させている場合もあり、カードを使うことでポイントが貯まって金融商品に関連した特典を得ることができます。特典の内容は振込手数料が安くなる、ローン金利が引き下げられる、預金金利が上乗せされるといったものです。もみじ銀行ではこういった特典が少ないため、単純にクレジットカードの利用が多い人や、カードを何枚も持ち歩きたくない人にメリットが限られてしまいます。

クレジットカードの年会費を節約したい場合は、キャッシュカードのデビットカード機能が便利です。買い物の際にキャッシュカードを使って支払いができ、もみじ銀行の普通預金口座から即座に代金が引き落とされるという特徴があります。しかし即座に引き落とされるために口座にお金がないと利用できないというデメリットがあり、こまめに残高照会しておく必要があります。