もみじ銀行の預金運用術

広島県におけるもみじ銀行

金融機関が多い昨今は同じ地域に複数の金融機関の店舗があることが多いです。もみじ銀行は広島県(http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/)に本店を置く第二地方銀行ですが、同じ広島県には地方銀行の広島銀行が本店を置くほか、メガバンクやゆうちょ銀行、信用金庫なども支店を置いています。さらに最近は窓口に行かずして口座開設できるネットバンクもあり、容易に複数の金融機関を利用できます。しかしもみじ銀行は提携などを駆使して幅広く金融サービスを展開し、上手く利用者を確保しています。

もみじ銀行は比較的規模の小さい第二地方銀行のなかでも預金残高が2兆円を超える大手で、他行との提携もあって利用者が多い金融機関です。とくに預金商品の人気が高く、宝くじ付き定期預金や退職金定期預金といった人気の高い商品を積極的に取扱っていることで知られています。定期預金はメインバンクに関係なく契約する人が多いので、もみじ銀行の営業地域内に住んでいる場合はぜひ使ってみましょう。ただし営業地域外に住んでいると利用できないので注意が必要です。

もみじ銀行は山口フィナンシャルグループという金融グループ傘下の第二地方銀行で、同じく傘下である山口銀行および北九州銀行とは提携関係にあります。それぞれの営業地域が離れているため併用する人は少ないですが、それぞれの地元で代表的な地域金融機関になるという方針で経営をおこなっているため利用者は多いです。

提携金融機関同士でATMの利用手数料が安くなるといったメリットもあり、移動範囲が広がると利用できるATMが減ってしまう地方銀行および第二地方銀行のデメリットが軽減されています。ただしキャッシュカードを持ち歩く必要があるため、念のためキャッシュカードのいらないインターネットバンキングも契約しておくと万が一の際にも安心です。