姫路信用金庫と便利に取引する方法

姫路信用金庫で口座開設

姫路信用金庫で金融商品や金融サービスを取引するには、まず普通預金を口座開設する必要があります。普通預金は給与や年金の自動受取、公共料金の自動支払いといった機能が充実した預金商品で、金融機関と新規に取引する際には必ず口座開設しなければなりません。普通預金を口座開設してしまえば、定期預金や定期積金の口座開設、ローンの契約手続きなどが自由に行えるようになります。

姫路信用金庫で口座開設するためには、届け印と本人確認書類を持って最寄の店舗に行く必要があります。昨今はインターネットや郵送を使って口座開設できるネット銀行や、スマホのしんきん口座開設アプリで口座開設できる信用金庫が増えていますが、姫路信用金庫は店舗窓口による対面取引を行っているのです。インターネットや郵送による口座開設に比べると時間と手間がかかりますが、不正口座を防止できるという安全性に関するメリットがあります。

姫路信用金庫は地域金融機関であるため、営業地域内の個人や事業者でないと口座開設できないという特徴があります。この特徴は信用金庫だけでなく地方銀行などにも共通しており、営業地域内の利用者に集中して金融商品を提供することで、地域経済を活性化させる狙いがあります。さらに姫路信用金庫は相互扶助の精神も掲げているため、利用者は出資金を支払って会員になることができます。預金商品は非会員でも利用できますが、一定金額以上の融資の申込みは会員限定となっているため、将来的に大口融資を検討している場合は、口座開設時に会員になっておくと便利です。

姫路信用金庫では低金利の普通預金しか口座開設できませんが、一部の金融機関では金利優遇された普通預金を提供しています。たとえば未成年の子ども名義で口座開設すると金利優遇される普通預金や、預金残高に応じて適用金利が上がる普通預金などがあります。そのため新規取引時により高金利な普通預金を口座開設したい場合は、姫路信用金庫以外の金融機関を検討する必要があります。