かながわ信用金庫をもっと便利に使うコツ

かながわ信用金庫の預金商品で納税

かながわ信用金庫ではスーパー定期預金や大口定期預金のような資産運用向けの預金商品が人気ですが、一部の預金商品は資産運用以外の用途、たとえば納税に活用することができます。世間には様々な節税方法がありますが、納税専用の金融商品を活用する利用者は意外と少ないものです。しかしかながわ信用金庫の預金商品を使うと、簡単に節税することができるのです。

かながわ信用金庫の納税準備預金は、納税資金専用の預金商品です。預金の資金使途が納税に限られ、本支店窓口で納税を証明する書類を提示しないと資金を引き出せないという特徴があります。通常の商品と比較して諸手続きが面倒なので敬遠されることもありますが、店頭表示金利が他の預金商品よりも高いため納税資金をお得に運用できるというメリットがあります。しかも利息は非課税なので、課税分が減ってしまう心配もありません。

かながわ信用金庫では消費税納税定期積金という法人向けの商品も取扱っています。消費税納税定期積金には納税準備預金のような非課税措置がありませんが、納税資金を効率的に貯めることができます。消費税とは消費者が負担する税金ですが、納付義務自体は事業者に発生し、課税売上高が1000万円を超える法人は消費税を納めなくてはいけません。大きな企業ほど金額も多くなり、来年には税率引き上げも予定されています。消費税納税定期積金を使って事前に資金を貯めておけば、安心して事業が行えます。

優遇金利や利便性が魅力の納税専用預金商品ですが、納税資金しか預入できないため通常の資産運用には不向きです。資産運用には別の商品を活用しましょう。かながわ信用金庫では総合口座にセットできる定期預金、為替差益が得られる外貨預金など多くの商品を取扱っています。地方銀行やネットバンクなど取引する金融機関を変えることで、退職金定期預金や特別金利キャンペーンなど新しい商品を利用することもできます。臨機応変に商品を変えて効果的に運用しましょう。